失業者でもお金を借りる方法ってありますでしょうか?

つい最近、失業してしまいました。働いていないので、当面収入がないのですが、一時的に現金がないと非常に厳しく困っています。こんな私でもお金を借りる方法ってありますでしょうか?

もしありましたら教えてください、よろしくお願いいたします。

失業中でもアルバイト等で定期収入があれば借りることができます

失業状態でお金を借りることは、非常に難しいでしょう。借り入れには総量規制の法律が適用されます。これは借入総額が「年収の3分の1」を超える場合、新しく借り入れをすることができないように制限をもうけたものです。借りすぎを抑止するための法律なのですが、これが適応されれば、「収入がない場合は借り入れができない」ということになります。

ですので、いくら審査の緩いカード会社に申し込みをしたとしても、この法律がある以上は借り入れができません。もちろん、審査の時に事実の加工をすることは犯罪ですから、やってはなりません。つまり、ある程度の収入を確保する必要があるということになります。パートやアルバイトである程度の収入を確保できれば、新たに借り入れをするチャンスは生まれてくるでしょう。

銀行カードローンや消費者金融ではなく、公的貸付制度を利用するといった方法もあります。これは全国の社会福祉協議会が母体となって運営している制度で、失業者に対するサポートとして利用されています。国からお金を借りる、ということですね。連帯保証人は原則必要となっておりますが、いない場合でも、利用することは可能なようです。お近くの社会福祉協議会に問合せをしてみるとよいでしょう。

失業者がお金を借りるもう一つの手段として、闇金を利用するといった方法もありますが、これだけは絶対に避けましょう。なにしろ闇金は違法です。法外な金利手数料、常識を無視した取立てで人生が崩壊してしまう可能性があります。まとまったお金が集まったとしても、全額を返済させてくれずに、長い期間をかけて金利手数料ばかりを取られてしまうケースだって考えられます。そういったことにならないように、闇金には手を出さないようにしましょう。

バイト?再就職?失業者がお金を借りるためにしたいことを解説!

リストラや倒産や自主退職などで職を失った場合、一時的に収入が0になります。その状態で例えば、消費者金融などに借入を申し込んでも、審査で門前払いされるか、運良くお金を借りられたとしても、その金額は非常に小さいものになるでしょう。収入はなくても出費がかさむケースというのも存在します。万が一に備えて貯金などをしていればいいですが、そうでない場合、どうしても消費者金融などに頼らざるを得ないこともあります。そういった時に、失業者がどんなことをするべきなのかについて解説していきます。

消費者金融の立場から言えば、一時的な失業者であっても、その時点で収入がない場合、無職として扱います。そのため、注意が必要なのが、転職の際の借り入れについてです。転職のために、現在の職を失った時に、消費者金融で借入をしようとしても、お金を貸してくれないことが多いのです。たとえ、次の職が決まっていたとしても(内定状態の人も同じ)、無職として扱われてしまいます。

では、失業者がどうしてもお金を借りるにはどうすればいいかということですが、一番手っ取り早いのは収入を確保することです。再就職の目処があるならそれまでは消費者金融の利用を我慢するのが一般的ですが、どうしても失業中にまとまったお金が必要だという場合は、無職でも借りることが出来る中小の消費者金融を利用するのと併せて、短期のアルバイトがお勧めです。また、転職の際の一時的な失業状態ではなく、完全失業状態の場合、アルバイトでその場しのぎをするより再就職を目指したほうがいいでしょう。アルバイトなどの非正規労働者の場合、無職よりは断然借りやすいですが、どうしてもその条件には不自由がつきまといます。

以上のことから、失業者がお金を借りるためには、前提として収入を確保することがあり、転職や再就職などで働く予定があるならそちらを目指し、利用先は無職でも利用できる中小の消費者金融(特に低額のキャッシング)を利用し、転職や再就職のあてがない完全失業者の場合、定期収入を得ることを優先していくことが重要です。

私はこんな理由で借りました!

簡単に借りられるサラ金はここ!

会社帰りに音楽系の習い事をしてるんです。習い事って本格的にやると結構お金かかるんですよね。器具を揃えたり、色々あって今月お金が無くなってしまいました。そんな時絶対参加しないと行けない飲み会のお誘いが来たんです。

仕事にも影響しちゃうので、参加必須なんですよね。どうにかしてお金を用立てようと思ったんですけど、やっぱりちょっと難しい感じでした。

仕方がないので、サラ金からお金を借りる事にしたんです。サラ金ってすぐ借りられるのかなって不安だったんですけど、簡単に、しかもすぐにお金借りられました。そんな訳で、なんとかピンチを乗り越える事が出来ました。

限度額が増額出来るって安心

来月、大学卒業からずっと住んでたアパートが取り壊しになるんです。それで新しい部屋を探したんですが、契約の時はまとまってお金が掛かるんですよね。貯金なんてそんなに無いですから、やむを得ずカードローンで借りることにしました。

消費者金融には怖いイメージがあったので、銀行のカードローンを選びました。でも実際はあんまり変わらないみたいですね。利用限度額に余裕があったので、引っ越し費用も含めてちょっと多めに借りました。

この限度額はあとで増額も出来るそうなので、いざという時安心ですね。

おかげで無事引っ越しも終了して、新生活を快適に始められました。

入院費の一部として利用しました

全然自覚症状はなかったのですが、仕事中に急に意識がなくなってしまい…そのまま入院することになっちゃったんです。ずっと仕事人間でやってきて、自分の身体をかえりみることがなかなかなかったツケが回ってきたという感じでした。2週間後には退院出来るとのことでしたが、入院費用のことを考えないといけませんでした。

独身なので好きにお金を使っていて貯金が殆ど無いのも痛手でしたね。「とりあえずどうにかして支払わないとヤバイ!」と思ったんです。

慌てて出した結論がカードローンでお金を借りて入院費を支払うこと。ネットから申し込みが可能でしたのでわざわざ店舗に行く必要もなくてありがたかったです。申し込んでからもスムーズできちんと入院費を支払えました。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2016 お金を借りるのに\失業者\でもイケる?安心業者盛りだくさん! All Rights Reserved.